大好きな人と、結婚できました。 ただ一つ問題は、付き合った日の夜に、レス宣言されたのです。そんな結婚生活の中、結婚10年目の現在に変化がありました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産。
ヒロが出勤するころから、なんとなくお腹が痛い。
これは、陣痛につながるだろうと思った。
あわてて出来るうちに、洗濯機を回した。
洗濯を済ませてから入院しなければ、と思った。

感覚が狭くなるまで、初産なので時間がかかる。
朝から痛みを感じながら、ヒロに病院へ連れて行ってくれるようにお願いの電話をしたので
16:30だった。

17:00には、ヒロ迎えに来てくれて、18:00過ぎには病院へ到着した。
夕食はまだだったので、病院で夕食が出たけど、なにも食べられなかった。

20:00には、分娩台兼用の陣痛室へと一人向かった。
立会い出産を希望していないので、一人で向う、初めての出産。

初めての出産だから、感動するとか、泣けるものではないんだね。
かなり冷静な感情だった気がする。
「この子のためならなんでもできる」と豪語するほどでもないような、冷静な感じ。
逆に今のほうが、子供のことで、感動したり泣けたりするのは、
親になるのには、時間がかかるということなのかもな。

ヒロは仕事の関係で、生まれた日と、翌日しか病院に来れなかった。
あとは退院の日に迎えに来るまでは、会えなかった。
ヒロが病院に来ている間は、二人で一緒に、ただテレビを見たりして過ごした。
子供を見に行くことも、なかったな。
今思うと、不思議だけど。
子供が生まれたのに、どうしてだろう。
見に行かないで、二人でただずっと、一緒にいたな。
生んだだけでは親になれていなかったのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © レス結婚。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。