大好きな人と、結婚できました。 ただ一つ問題は、付き合った日の夜に、レス宣言されたのです。そんな結婚生活の中、結婚10年目の現在に変化がありました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人っ子。
ユウに兄弟が欲しいと思っていたのは、私だけだった。
金銭的なことやら、もっともらしい理由を色々並べて、ヒロは一人っ子でいいと言う。
新婚の頃は、子供二人は欲しいと、話していたはずだけど。

そんな話を真剣にするきっかけを作ったのは、私だった。

レス結婚をしてる二人は、夫婦なのに、下ネタはなんとなくタブーな感じ。
下ネタというか、するしない、って話だって、したことがない。
子供を作る作らない、の話だって、結局は、するしない、の話なので、
なかなか出だせないネタだった。

ある日、ヒロ、ユウ、私の順で眠るベッドの中で、唐突に話し出した。
「そろそろ、ユウに兄弟がいてもいいかなと思っているんだけど・・・」
「・・・」
すぐに反応はなかった。
「・・・いらないんじゃない」ヒロの答え。
それは、しなくていい、と、拒否されたことと同じにとらえた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © レス結婚。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。