大好きな人と、結婚できました。 ただ一つ問題は、付き合った日の夜に、レス宣言されたのです。そんな結婚生活の中、結婚10年目の現在に変化がありました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正す。
私は、ふらふらしていたし、すぐに気に入った人を見つけ、高い確率で仲良くなれた。
そんな、ふらふらした自分を楽しく思っていた。
本当に恋することがなかったからだと、気づいた。

電話番号を聞かれた数日後に、ヒロから待ちに待った電話が来た。
どんなに、うれしかったか。
電話を切るときに、「また電話するから。いつになるかわからないけど、必ずするから、待っていて欲しい」と
言われたんだ。
待とうと思った。
遠まわしに、かけてこないようにも聞こえた。
とにかく、待とうと思った。
あとから思うと、その頃合鍵を持った彼女のような女がいたんだと思う。

それに気づいたのは、付き合ってからなので、
まだ、この頃は、とにかく、ヒロにもう一度連絡がもらえる女になりたかった。

自分自身を正すしかない、と思った。
とりあえず。
うちの電話は、男からしかかかってこないので、本当にヒロ以外の電話には一切出なかった。
私がいつまでも電話に出ないので、留守電に怒鳴りつける人もいたな~。
だけど、その人、奥さんも子供も、彼女もいる人だったけど。
それでも、そのうち、ヒロ以外から、かかってくることは、なくなったんだ。

飲みに行くことも、極端に減った。
出かけると、ふらふらが止められないと思って。
どうも、私は、ついて行く女だと思われがちだから、こ~いうことになるのだと思うけど。
それはもう、強引で無理やりな男にひっかかったんだ。
その時に私は始めて大声で「やめてって言ってるでしょ~!!!」と怒った。
初めて言った。
だいたいそんな言葉は必要なく、ついて行ってた気がする。
だけど、この時期の私は、もうついて行くことは出来なかった。
ただ、ヒロからの連絡を待っていた。
自分を正したいと思っていた。
そして、私を知られたくないと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © レス結婚。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。