大好きな人と、結婚できました。 ただ一つ問題は、付き合った日の夜に、レス宣言されたのです。そんな結婚生活の中、結婚10年目の現在に変化がありました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京。
空港で待ち合わせて、あの人と飛行機に乗る。
誰かと二人で遠くへ行くことなんで、初めてだった。
彼氏って存在がほとんどいない私には、デートらしいデートもあまり経験がない。
飲みに行く以外、芸のない付き合いしか知らない。

あの人と二人で夜を過ごすことは初めてではない。
それでも、ずっとプラトニックな関係だった。
そのことであの人が、まだ「お兄ちゃん」でいてくれるような、そんな気がしていた。
だけど、私を女としてみていない事でもあった。

この夜は、違った。
キスをしてきたあの人に、私は涙が出てきてしまった。
うれしくて。
受け入れてもらえたようで、うれしかった。
泣きながら抱き合ったなんて、初めてだった。
初めてでもないのに。
「どうして、泣いたの?」と聞かれた。
「うれしくて・・・」と私。

どうして、今日は、こうなってしまったのか、と聞く。
長い間近くにいすぎて、私との関係がわからなくなっていた、と言う。
こうなることで、何か変わるかもしれない、と。
わかるかもしれない、と。
「だけど、、、わからないや」と逃げられた。
私は、わかっている。
私は、あの人とずっと求めているし、一生変えられないことだと。

あの人は音信不通の彼女がいることを、告げた。
その彼女との関係がはっきりするまで、待ってほしいと言われる。
状況は何年か前と同じだった。
ただ、もう、プラトニックな関係ではなくなってしまった。

1ヶ月、2ヶ月近く、彼女との決着の連絡はなかった。

シビレを切らした私は、他の人と同棲を始めてしまった。
きっと、待っていても、叶うことは一生なかった人だと思う。
叶う必要はなかった。
私は、ヒロと出会うのだから。

ヒロと初めてのときも、涙が出たの。
初めてじゃないのに。
きっと、本物の恋をしたのは、あの人と、ヒロになんだと思う。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © レス結婚。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。