大好きな人と、結婚できました。 ただ一つ問題は、付き合った日の夜に、レス宣言されたのです。そんな結婚生活の中、結婚10年目の現在に変化がありました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ。
レス解消のきっかけは、新居に引っ越したことが大きいでしょう。
だけど、新婚時代だって、二人だけで毎晩寝室で寝ていましたけどね。

私は「一生ないのかと思った」と暴露していますが、
「あの家のままだったら、一生なかっただろうな」と恐ろしい発言をされました。

あとは、実は最近痩せて、ここ数年間では一番良い状態な気がします。
「痩せたよね~。痩せたから、したくなったのかな~」と言われましたけど。
それにしても、結婚前のほうが、もっとスタイルは良かったですけどね。

あと、一番私の中で引っかかっている言葉をぶつけてみました。
付き合った日の夜に「俺、するの好きじゃないんだよね」と軽く言われたこと。
その言葉があったから、合わせていくしかないなと思ってきたこと。
「あ~、言ったね~」と、覚えていたんだよね。
「その当時は、したくなかった時期で、いろんな時期があるんだよね~」
・・・だそうです。

そういえば、その当時、こうも言っていたな。
前からするのが好きじゃなかったわけではなくて、色々してきて、飽きた。様なことを
言っていたな。
飽きるほどしてきたのか。
私はいくらしても飽きないけど。
この状況に対して、親友は私に、「一生分今までしてきたと思って、我慢しなさい」と言ったな。
一生のうちに、回数が決まっているならば、私には結婚後の分が残っていないのだ、と友達に言われたな。

よかった。残ってたんだ。

二人だけの寝室。
私が痩せたこと。
ちょうど、したくない時期が終わった頃に、この生活になったってことなのかな。

「また、いつ、したくなくなるかわからないけど(笑)」と言われましたけどね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © レス結婚。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。